1891年版神言会会憲, V, 14

客人として神の三位を

わたしたちの魂に招き入れることが

どれほどわたしたちにとって

価値あるものであり

また助けとなることでしょう。

わたしたちは彼ら、

つまり聖霊との一致のうちに父と子を愛し、

また彼らに祈るにつけ

実に熱心でなければなりません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中