1897年2月17日永久礼拝会の姉妹たちへの講話

誰かに喜ばしくないことを

何か言わなければならないなら

よく気を付けなければなりません。

これは

誰かが傷を負っている場合と似ています。

もしその傷の上に手を置いたら、

痛みます。

これは

他の人の落ち度に触れる時も

同じなのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中