1899年6月28日、ブルム師への手紙

あぁ、

わたしたちを真の有罪の意識へと導く

数々の瞬間のどれほど貴重なことか。

こうした瞬間は

わたしたちの最も深い部分にある自己へと

わたしたちをへりくだらせ、

本当に心で感じる刷新へと導くものです。

そこでわたしたちは、

そうしたわたしたちに非難をもたらしたものを、

わたしたちがよりよくなるようにと

貢献してくれるものとみなします。

そこでこれらは

わたしたちの最大の恩人となるのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中