1900年講話

もし重い苦しみが

わたしたちにのしかかってきたら、

同時に

神の愛に満ちた手が

わたしたちにそれらを置いたことを

思い出さなければなりません。

そして

それらをわたしたちに送った同じ御父が

それを耐える力を下さるでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中