1900年11月30日永久礼拝会での説教

修道者は自己愛と自分のための想いに対して死ぬ望みを持っていなければなりません。

修道者は自分自身を、神を喜ばせるいけにえとしてささげるべきです。

それは多くの人の持つ生温さと自己中心的愛の身代わりとなるのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中