1902年1月8日講話

私たちの目的は、

悲しみとは無縁の生活を送ることではなく、

聖霊の力によって

厳しい重荷を耐えることです。

イエスとの一致のうちに、

御国のために実りをもたらすことができるよう、

のような重荷を

耐え忍ぼうではありませんか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中