1902年12月26日講話『Tempel Gottes(神の宮)』

救い主はわたしたちのもとに来られたとき、

権力や富を選びませんでした。

彼はつつましさ、貧しさ、

さらには自分のもとにある人々からの拒絶にすら甘んじました。

ほとんどの子どもたちが

ゆりかごの中に自分を居場所を得るのに、

天と地の主は

動物たちがそこから食事をする

みすぼらしいエサ箱の中に

身を置かれたのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中