1905年12月30日の書簡

「宣教者は自分が神に支えを置いていることを示さなければなりません。

こうして宣教者は根気と忍耐とをもって、異教徒であろうと、半異教徒であろうと、

本物のキリスト教徒になるようにと彼に委ねられた人々を導くようになるでしょう。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中