1908年6月14日シュタイルの修道士たちへの書簡

聖性をもたらす恵みを通して、父と子と聖霊がみなさんの心の中に住み、

このようにしてみなさんが天の御父の子ども、イエス・キリストの兄弟、

聖霊に愛される人になれるようにとわたしは望んでいます。

わたしたちがこの偉大な事実について考えることをたゆまず思い出し、

そうしてこの三位一体の恵みにある計り知れない宝を最も注意深く保ちかつ守り、

わたしたち自身を三位一体にとっていっそう価値のあるものとできますように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中