1894年10月、永久礼拝会の姉妹たちへの講話

もし修道者が

神に自らをささげた後で

自分自身だけのものを求めるなら、

それは神から盗みを働いていることになります。

修道者は人生の力、

生活の力、

生きる力をすべて

神の聖なる奉仕において

使い果たさなければならないのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中